<< 【Project Dancho】「第2回みんなでアレンジ大会」Special | main |

【Project Dancho】「第3回みんなでアレンジ大会」Special

0
    うえ〜〜〜〜〜〜いっ!

    …モウイッチョ!

    うえーーーーーーいっ☆

    皆さん盛り上がってますかー^^

    またも3カ月ぶりの記事と言うことで…。
    なかなか更新されないブログになっちまいまして、ホント申し訳ないです。

    前回の記事は8月だったんですよねぇw
    ほんでその、8月以降はですねー。。
    「FANTASIA」→「さよならSummer」→「秋は人恋しくて」と。
    3本の作品を公開しておりました。
    で。
    10月後半は、恒例の活動総決算w
    「Anniversary 2015」を公開いたしました。

    ほんでもってですねー。
    これらの動画と同時進行で制作を進めていたのが…
    タイトルにありますとおり、「第3回みんなでアレンジ大会」への参加作品だったのです。

    もうね、今回も最高に盛り上がりました☆
    今回は「第2回」より12作品多い…39作品でございますよ。
    すべて同じメロディなのに、39作品すべてが全く違うアレンジなんですよ。
    「参加者の数だけ色がある」ということでですね。
    ホントにすごいです。


    (モスラ様作/「第3回みんアレ作品集合画像」)

    自分の作品だけではなく、他の方の作品を拝見することで…
    クリエイターとして、多くのことを学ぶことができます。
    そんなね、素敵なイベントなのでございます☆

    と、言うことでございましてですね。
    今回もまたご紹介いたしましょう!!
    「第3回みんなでアレンジ大会」Special!!



    はい。
    前置きはそこそこで、今回もですね…
    生放送「第3回みんなでアレンジ大会 Japan」の内容に沿いまして、作品をご紹介させていただこうと思っております。

    今回、参加者の皆様がアレンジした作品はですね…
    「Precious Notes×Yourself」
     作詞 レネ/雨宮涙
     作詞補 雨宮涙
     作曲 sada

    という作品でございます。

    前回「Your Color RainbowS」の作詞は当ブログでおなじみ「じゅんP」様でした。
    今回も…
    当ブログでは超おなじみ…
    というか、最近プロになられたレネ様でございます!

    レネ様が手がけた作品をアレンジする。
    そんな日が来ちゃったんですよ。
    これはねー…気合入ります!

    てなワケで。
    さっそく!
    ご紹介していきましょう!!

    2015年11月11日22時開催☆
    「第3回みんなでアレンジ大会 Japan」

    さて開場からもう熱気ムンムンでございました。
    「みなさん、どこで見てますか―」とアンケートがありまして。
    やはり東京を中心とした首都圏、そして大阪が多くございましたね。
    中にはニューヨーク(入浴)、バチカン、「部屋」などというコメもありましたがw

    あと、11月11日はポッキーの日でもございました。
    「ポッキーとプリッツどちらを準備してますか―」との問いには…
    ややポッキーが多めだったですねw
    ちなみに、おいらは「お徳用ポッキー(9袋入り)」(×2)と…
    おなじみ「Four Roses」(黒ラベル)ボトル1本を準備して…
    「ポッキーオンザロック」で生放送に参加しておりましたww

    恒例の合言葉「うえーーーーーーい!!」で場が盛り上がっていき、
    いよいよ1曲目が始まります!!

    …ん?
    どこかで聴いたような…イントロw

    ☆1曲目



    たけ@団長(笑)(さとうささら/ONE/黄咲愛里)…
    トップバッターはおいらの作品でございましたw

    ちなみに…作中「SA-O-RI”n”」というユニット名が出てきますが。
    これは「さとうささら」、「ONE」、「黄咲愛里」による、おいらのオリジナルユニット名でございます。
    今後はこのユニット名を使用させていただきますので、どうかよろしくお願いいたします☆

    冒頭の繰り返しになりますが、今作の作詞はレネ様がされたこともありまして。
    WITHのメンバーも気合が入りましてねー。
    構成はおいらとリーダーで決めまして。
    トッピングはKozy&Nori夫妻が担当いたしました。
    ほんで、コーラス作成はYokoの担当です。

    とにかく「アルバムの1曲目になるような作品にしようぜ!」というコンセプトで、おっさん、おばさんでワイワイやって作成したワケでございますw

    ちなみに曲順について主催のsada様にお伺いしたところ、
    前回の曲順は「参加表明をされた逆順」でしたが、
    今回は「エクセルシートでランダム決定」だったそうです。

    これねー、メンバーもみんなビックリしておりました。
    作品が流れる中…「OPにぴったりじゃないか!」とのコメントもいただきまして。
    ホント、恐縮です。
    ありがとうございます。

    あと、MMDの動画に関しましても…
    いつも背景(スカイドーム)でお世話になっております、怪獣対若大将P様、
    そして当ブログでもおなじみ…くうわんこ様、
    さらに黄咲愛里を作成された…もものはP様。
    モーションは…
    足太ぺんた様の「踊ってみた スノートリック」をみかん様がトレースされたモーションをお借りさせていただきました。

    それとですね。
    今回はステージで智沙都様作成の「虹と風船ステージ」をお借りいたしました。
    これはですね、コメントでも指摘がありましたとおり…
    前回「第2回」でテーマになった「虹」を引き継ぐ形をイメージしておりまして。

    何もかもがイメージ通りの素敵な素材をお借りすることができまして。
    これらクリエイターの皆様にも深く御礼を申し上げます。
    ホント、ありがとうございます!!

    それと、生放送のコメントで「実写希望」というコメントを多数いただきました。
    が、元は足太ぺんた様のダンスでございまして。
    それも、このダンスにアレンジを合わせたわけではなく、たまたま今作にピッタリ合ったのでモーションをお借りさせていただいたという状況でございましてw
    うーん…
    実現可能かどうかはわかりませんが、ダメもとでお願いしてみますか…ね。。。

    と、いうことでございまして。
    1曲目…オープニングで一気に盛り上がっていただきまして。
    メンバー一同非常に喜んでおります。

    改めまして、コメントをいただいた皆様、励ましや応援をいただいた皆様…
    そして、ご視聴いただいた皆様に感謝いたします。
    ホントありがとうございます。

    さぁ、どんどん行きましょう!!!!
    続いての作品は…?!

    ☆2曲目



    heartwarmingclub様(MEIKO)の作品でございます☆
    60年代のポップサウンドをオマージュされたアレンジでございます♪
    キュートなMEIKOのイラストはゆぅねこ様の作品でございます。

    聴いていただくとですね、
    MEIKOさんの「しっとりボイス」が心地良く響くのがお分かり頂けるかと思いますが。
    なんと!
    「無調整」なんだそうです。

    基本的にVocaloidに歌わせる場合は、ビブラートだったり、伸ばしや強さを調整して曲のイメージに合わせる作業が入るものですが…。
    何もイジらなくて、この歌唱力はすごいですよ☆

    そして、オーケストラアレンジの伴奏にも注目です。
    間奏のSAXソロもとても優しい響きで伝わってきます。
    生放送で「静かな熱さ」とコメントされた方がいらっしゃいましたが、
    ホント…とても暖かい気持ちになれるアレンジですよね。

    まさに「温故知新」…さすがの作品です☆

    さて、この作品が流れている途中…
    「忘れているかもだが、このあと自分の作品が流れるかもしれないんだぜ」
    というコメントが流れます。

    そう…
    「第2回」でも参加者を緊張の淵に追いやったあの空気感w
    「次はだれの作品が来るんだろう…こんなすごい作品の後に自分のが…?!」
    という恐怖感ですねww

    おいらはトップバッターでしたので、今回はあのドキドキ感を味わことができませんでしたが。。。w

    徐々にそんな空気感が漂い始める中で…
    続いての作品です!

    ☆3曲目



    ぶるすけっ太様(ガチャッポイド/リュウト)の作品でございます☆
    独特な雰囲気を醸し出す和風なアレンジで、とても楽しくなる作品です♪

    鳴り響く三味の音色、そしてチンドンのリズム。
    「いよぉ〜〜〜〜」という合いの手が入ると…
    生放送のコメントも一緒に「いよぉ〜」の文字が流れます。

    そして、歌うのは「ガチャッポイド」またの名を「リュウト」というVocaloidキャラでございます。
    そ、あのガチャピンの声を持つ愛くるしいキャラクターなのです♪
    そして、この和風サウンドにとても馴染んでいます。

    ガッツリ盛り上がっているところ…
    さらに視聴者の皆様が一体になっていくのです☆
    このアレンジはクセになりますねー!

    さ、「次はだれかなー」という空気感に包まれる中…
    次に登場した作品は…
    こ・れ・だ・っ!

    ☆4曲目




    光施様(GUMI)の作品でございます☆
    今回も全打ち込みによる、疾走感バリバリのメタルアレンジでございます♪

    もうね、お聴きいただいてお分かりのとおり。
    イントロの疾走感で視聴者の方々のハートを鷲掴みです!
    画面が「やべー!」「すげー!」「かッけー」のコメントで埋まるのです。

    ただ疾走するだけではなく…
    Aメロで壮大さを感じるクラシカルな伴奏があったりと、緩急が付いたすごいアレンジとなっております。
    まさに「カッコイイ!」サウンドですよね!

    歌詞にも仕掛けがありまして。
    後半、表示される歌詞はそのままにドイツ語詞まで飛び出します!
    これはしてやったりですね。

    そして、このメタルサウンドに乗せたGUMIのボーカルも特筆です。
    生放送のコメントにもあったように「これはGUMIが歌ってるのか?!」と…。
    調声もすごいのです。
    伸びて張りのある高音はたまりませんね!!

    4曲目にして「もうラスボスか?!」とのコメントも流れるほどです。
    ホント、我々「WITH」もそれなりに気合入れて作成させていただいてますが…
    ここまでで…ハイレベルな作品がガンガン登場しています!

    これはねー、ホントまだ作品が登場してない方々には「恐怖」ですよw

    ガッツリ盛り上がったところで…
    次の作品です!

    ☆5曲目



    かずち様(初音ミク)の作品でございます☆
    90年代バンドブームを彷彿とするような疾走感あふれるアレンジでございます♪

    とは言うモノの…なんでしょうねー。
    初音ミクが素で歌ってるからか、なんとなーくテクノポップっぽく聞こえるのも味ですね。
    新しい感じがしますね☆

    それとベースコードの使い方…
    特にサビでのベースコードは、むかーしVELTY曲で多用していたので、
    おおっ!と思ってしまいましたねww

    生放送のコメントでも「アニメのOPなら絶対走ってるよねー」と。
    カッコ良い作品です♪

    さー、引き続き盛り上がる中…
    次の紹介された作品は…?!

    ☆6曲目



    mt/山小屋様(初音ミク)の作品でございます☆
    キラキラするミクノポップ(テクノポップ)テイストのアレンジでございます♪

    ここまで疾走感あふれるロックナンバーが続く中、
    シンセリードのイントロが聞こえポップ曲だー!と、
    生放送でもやんやのコメントが流れますが、うん。
    疾走感を失うことなく、心地よいシンセが鳴り響く構成は心地良さを覚えます☆
    間奏の「音の洪水」はドーパミン出まくりました^^

    ご自身の動画詳細で語られておりましたが、
    「歌詞を書かずに済むから」ということで参加を表明されたそうなんですが、
    「しかし、アレンジも大変だった」とのことで。
    いやー、でも、大変だったという中で作成されたこの作品。
    凄く輝いてます☆三
    素敵です♪

    さぁ、まだまだ序盤!
    ガンガンいきますよー★

    ☆7曲目



    とっしゅP様(V Flower)の作品でございます☆
    なかなかファンキーで、いろんな要素が詰まった素敵なアレンジでございます♪

    ファンキーな中、Aメロで聞こえてくるスクラッチのシンセ音がすごく心地良いんですよ。
    それでありながら、途中途中でロックギターの音色。
    これもまた新しい感じがして好きです☆
    (「好きです」と言うと告ってるって感じですがw)

    そして、花ちゃんのパンチが効いたボーカルも華を添えてまして。
    すごく楽しい作品ですよ。
    最後のワウが聴いたギターの音もですね…くぅ〜っと☆

    引き続き盛り上がる生放送!
    続いての作品は…

    と、皆さんがドキドキする中、
    またもとっしゅP様の花ちゃんが登場w
    ちょっとイレギュラーですww
    ドンマイです♪
    コメントも「アンコールか?!」ということで盛り上がり、
    場が和みますw

    さぁ、改めまして…
    次の作品!

    ☆8曲目



    JunTakahashiP様(GUMI)の作品でございます☆
    躍動感があるキュートで楽しいテクノポップアレンジでございます♪

    そして、聴いていただくとお分かりのとおり、
    ホントね、とてもキュートな作品でございます♪
    キュンキュンしております!

    動画の方も、星のトンネルを疾走するGUMIがとってもかわいいのです☆
    途中から「星屑」をポロポロ落しながら走る姿もすごくかわいいです。

    そして、
    「ぱっぱっぱやっぱっ☆」
    と、フレーズに合わせてコメントが流れるます☆
    視聴者の皆様が楽しんでらっしゃるのがわかりますよねー。

    が、
    生放送では酔っ払いのオジ様方もいらっしゃいましてw
    「画面酔い」される方がいらっしゃったようで。。。w

    でも、でも…
    とても楽しくてクセになる作品です♪

    さて、まだまだ序盤なのにゴイゴイ盛り上がってくる生放送☆
    続いての作品は…

    ☆9曲目



    B-vers様(初音ミク)の作品でございます☆
    今回はウクレレ主体の可愛いアレンジでございます♪

    ホントB-vers様のシンプルなアレンジは光るものがあります☆
    「第2回」の時も…
    ハープシコードとパーカッションで独特の世界観を表現されておりまして。
    その不思議な魅力で…視聴者の方の心をガッツリ鷲掴みにされておりました☆

    今回もですね、南国風と言いますか。
    生放送コメントでも「琉球から南国まで貴方を連れてってくれる」とありましたように、一時的に「常夏」を感じておりましたw

    そそ。
    皆様。
    B-vers様のこの作品。
    動画をよくご覧ください。
    ある部分が「アハ!体験」のように変化しております☆
    さー、どこでしょうねー♪
    探してみてくださいね^^

    と…
    視聴者の方がまったりとくつろいでいる中…
    「レネジュース揉みたい」
    「モスラのバカ」
    という、親子の漫才がやりとりされておりましたww

    すごくまったり感が心地良い作品でございました☆

    さぁ、そんなくつろぎ空間の中、
    次の作品が流れ始めます♪

    ☆10曲目



    祢音/Neon様(初音ミク)の作品でございます☆
    しっとりしたバラッドアレンジでございます♪

    これ作品はですねー、
    うちのMIKIも「いいわぁ〜♥」と唸るほど聴き入っておりましてですね。
    前半はピアノの旋律とストリングスの協奏、後半はリズム隊も入ってくるんですが、
    中でも、ベースコードの動きがですね。
    世界観をより大きく広げると言いますか。
    これはさすがです!

    そして、初音ミク「V4X」のしっとりボーカル。
    これは良いですよねー♪

    「RPGで死別するシーンでこれ流れたら泣く」とのコメントもありましたように。
    完全に皆様聴き入られておりました。

    さ、そんなくつろぎのまったりタイム。
    続きましては…

    ☆11曲目



    外道P様(GUMI)の作品でございます☆
    さすがのドラムンベースでのアレンジでございます♪

    自ら「原曲クラッシャー」とおっしゃられるほどの大胆さはさすがです!
    実は…
    過去作もですね「貧乳サイコ」や「深く落ちる」あたりの作品をマイリスさせていただいておりましてですねw
    スケベーデスミマセンww

    そんな外道P様が、今作をどのようにアレンジ(破壊)されるのか…
    とても興味深々でございました。

    もうね、こんなブログでごちゃごちゃ書くより
    とにかくご覧頂いた方が早いというですねw

    シンセ音の使い方…
    ホントね、ウネリが効いたグルーブの海をいろんなシンセ音とメロディが横切っていくと言いますか。
    そして譜割もサビ前に間奏が入るなどですね。
    なるほどなー、とすごく勉強になりました。

    グルーブに合わせてダンスするGUMIもセクシーでカワイイっすよねー★
    ホント、カッコ良い作品でございました♪

    さぁ、
    そんな外道P様の作品の後に流れるのは、どなたの作品か…
    主宰sada様の「次は」が表示されると、コメントが一瞬止まるほどの緊張感が走ります。
    作品が流れてない方にしますと、ものすごい重圧の瞬間だったと思いますw

    そんな静寂を打ち破って流れた作品は…
    こ・ち・ら☆

    ☆12曲目



    銀たか様(初音ミク)の作品でございます☆
    透明感があるテクノアレンジでございます♪

    「透明感」と同時に「優しさ」と「浮遊感」も併せ持つような。
    そんな素敵な作品でございます。

    コード進行もですねぇ、実はうちら「WITH」でも当初リストアップしていた流れでですね。
    MIKIとNoriとで「こうなってたんだよねー」なんて…
    キャッキャ言って拝見しておりました。

    そして、動画の方もですね。
    「Precious Notes×Yourself」にひっかけられたと思われますが、
    まさに「ノート」へ書き記すように歌詞が流れていく構成になっておりまして。
    鉛筆もったタコが良い味だしてますよねw

    ご自身でも「こんなたくさんの”8”をいただいたのは初めて」とおっしゃられるようにですね…
    ホント、銀たか様の作品も素晴らしい作品でございます☆
    是非ともね、ご覧いただければと思います♪

    さて、続きましては…

    ☆13曲目



     ユタ(仮)様(初音ミク)の作品でございます☆
    しっとりしたピアノアレンジでございます♪

    しっとりしたジャズピアノの伴奏にのせて、初音ミクの澄み切った歌声が響き渡ります。
    この作品も聴き入りましたねー★
    特にリーダーMIKIがどストライクに好むアレンジでございましてですねw

    ピアノ伴奏とボーカルの音程に微妙な「ズレ」が生じているのですが、
    これは意図的にされてるようでして。
    この微妙な「ズレ」が、ジャズっぽさと、そして「まるで生演奏のような雰囲気」を演出しているように聴こえるのです。
    実は、このピアノ演奏は「打ち込み」演奏なんだそうです。

    これはしてやったりですね☆

    あ、え?
    おいらが歌ってもジャズっぽく聞こえないぞってですか???w
    それはただただ…微妙に音痴だからですww

    そんな冗談はさておいて、
     生放送でもですね、ユタ(仮)様の作品が放つ「おしゃれで独特な世界」に視聴者の方が引き込まれます。
    ホント、ゆったりまったり…アンニュイなひと時にBGMとして聴いていたいですよね♪
    すてきな作品でございます。

    まだまだいきますよー!!
    次に流れた作品は、こちらっ!!

    ☆14曲目



    M.R.A.様の作品でございます☆
    思いっきりバンドテイストのアレンジでございます♪

    むふ☆
    「カッコ書き」がないご紹介でございますよん♪
    そ、M.R.A.様ご本人が歌われております。

    お聴きいただければお分かりのとおり…
    ハスキーで、ドライなボーカルでございましてですね♪
    ちょー「イケボ」でございます^^

    こんな歌声になりたかった…
    と、憧れの思いで拝見させていただいておりましたw

    作品もですねー。
    最後のサビで「転調」するのですが。
    生放送のコメントでは…
    いつしか「転調」→「店長」という文字に置き換えられておりましてww

    そう、生放送中のキーワード「店長」が初めて登場するのです☆
    このキーワード、時間が経つにつれ…ある言葉に進化していきますw
    ぜひ、頭の片隅に置いて先をご覧くださいませ^^

    そそ。
    あとですね。
    M.R.A.様は…前回「第2回大会」の作品を一気にミックスした「みんまぜ」という作品も公開されております。

    「みんなのアレンジ02全曲混ぜてみた、略してみんまぜ02」
    ぜひチェックしてみてください☆

    さぁ、そして…
    続く作品は…
    ムフっ☆

    ☆15曲目



    ここで満を持しての登場レネ様(初音ミク)の作品でございますよ☆
    ふんわりと心地良い風が優しく包むような…
    そんな素敵なアレンジでございます♪

    冒頭でもお伝えしましたが、
    もう、当ブログではおなじみのレネ様も…
    ついにプロとして活動を始めることになりまして。

    とはいえ、
    これからプロとしていろんな経験を1つ1つ重ねていくことになろうかとは思います。
    ここはですね、皆様…レネ様の応援をですね、是非ともお願いいたします☆
    あたたかく見守ってください^^

    と、言うことで…次…
    ジャナカッタ…(汗

    と、言うことでですね。
    今回の作品ですが、歌詞を担当されたレネ様の作品がどんなアレンジになるのか。
    ワクワクしておりました。

    しっかりと足を地につけて、元気に歩んでいこうという歌詞がとても際立つアレンジです。
    織りなす音の1つ1つがとっても素直なんですよね。
    これはさすがです☆

    そんな素敵な作品を彩るキュートなイラストはNanna様が手掛けてらっしゃいまして。
    そして「レネの意思を組んで作った」という動画は…
    レネ様のお母様モスラ様が担当されております。

    アレンジも素晴らしいんですが、このイラストと動画もですね。
    ホントに作品を彩るにふさわしい素敵な作りになっております☆

    ホントね、何回もリピートして聴きたくなる作品です。
    是非ともチェックしてみてくださいませ^^

    そんなレネ様の作品が流れる中…
    「俺の後にレネちゃんを持ってくるとか、神はわかっている」という、M.R.A.様の心のコメントが出ていたりですねw

    一方で…
    レネ様の後を受け持つのは誰だ?!
    という、ドキドキの瞬間も訪れるのですw

    しかしですねー。
    ホントに「各作品ごとにエクセルでランダム係数を振った順番」なのか…?
    と疑いたくなるような方が、次に登場します。

    イントロが流れた瞬間…
    誰もが納得し、そして安堵したこの方の作品!
    どうぞっ☆

    ☆16曲目



    SWitch off!!様(GUMI)の作品でございます☆
    今回は「YMO」を彷彿とするようなテクノアレンジでございます♪

    SWitch off!!様曰く、
    「前回(第2回)は悲しげな曲調だったので、
    今回は元気が出るようなテクノサウンドで!」と言うことでございまして。

    小刻みに鳴り響くシンセ音と、4ビートのグルーブがとても心地良いです☆
    そして、GUMIの歌声もクールでですね。

    そしてイラストは葉月ひよこ様の作品でございます。
    クールなGUMIちゃんがきらりと光りますね☆

    とても素敵な作品なんです☆
    ハモリもピシャリ決まってて、カッコ良いんです☆
    凄く都会的でクールな作品なのです☆

    が…

    作品が流れ始めて「YMO世代です」というコメントが流れてからが…
    さぁ大変w

    「坂本オフ一」「オフ本龍一」「坂本すいっち」「スウィエムオー」「すいっち教授」
    …などと
    SWitch off!!様とYMOの名前をもじったパロディネームが、生放送の画面を流れ始めるのですw

    すると、
    「SWitch off!!様のボカロP名を決めよう」などというコメントまで飛び出し、「教授P」というネームが飛び出しますw

    そんな和んだ空気感でしたが、
    皆さんしっかり聴き入っておりまして。
    さすがの作品でございます。

    と、いうことで。
    SWitch off!!様の作品が終了すると…
    「この後も嫌だー」という…
    まだ作品が流れていない方の「心のコメント」が画面に流れます。

    そんな心のコメントに「なら、どの後ならいいんだ?」とのツッコミコメントも入りまして。
    結局「どの作品の後も嫌だー」というところに落ち着くというですねw
    「みんアレに住む悪魔」のワナにみなさん嵌ってらっしゃるのでございます。
    ヴィヒャヒャヒャヒャ…w

    ということで、
    次の作品はこちらっ!

    ☆17曲目



    絢香乍月様(初音ミク)の作品でございます☆
    ハードハウス的なアレンジでございます♪

    とにかくベースの動きがカッコ良いです☆
    なんて言うんでしょうね…
    ハードハウスの様相を呈していながら、ふんわり包むような爽やかさも持ち合わせたような。

    うん、聴いてて心地良いのでございますよ♪

    生放送でも「不思議な音使いが気持ち良い」というコメントが流れた様にですね。
    ホント、クールで聴いてて心地良い作品でございます☆

    ちなみに、このイラストは金属様の作品とのこと。
    ぜひね、聴いてみてくださいませ☆

    さぁ、続いての作品!

    ☆18曲目



    みっちゃんP様(Rana)の作品でございます☆
    疾走感あふれるバンドテイストのアレンジでございます♪

    キュートなイラストはミルクティ様でございます。
    そして、みっちゃんP様は今作でギターも担当されておりましてですね。
    とにかく、この疾走感は聴いてて心地良いですよね♪
    タテノリタテノリ☆

    ほんでまた、低いトーンでキュートに歌い上げるRanaのボーカルもなかなかです^^
    そしてポップな動画がキュートな世界観を広げて行ってモエモエしちゃいます☆
    生放送では「(某ビタミン系炭酸飲料)を飲みたい」なんてコメントが出まして。
    キュートな中にも爽快感があって、すっごく心地良い作品です♪

    さて、
    Ranaと言えば…
    昨年9月9日からスタートした「ボカロPになりたい!」も全30号が出揃っております。
    そしてV4化も決定しておりまして。
    これからどんどん出てくることになるんでしょうね♪
    要チェックっすよー^^

    ささ、どんどん行きますよー★
    続いての作品はこちらっ!!

    ☆19曲目



    Pull-in Box様(初音ミク)の作品でございます☆
    4つ打ちのビートが心地良いハウス系のアレンジでございます♪

    金属系のパーカッションと、そしてシンセ音で織りなすイントロ。
    空間系を駆使したPadとピアノが織りなすAメロ。
    そしてビートが効いたサビ。
    どの部分を取ってもすごく「心地良さ」を感じることができる素敵な作品です。

    そして初音ミクのボーカルもですね、
    空間に響き渡る浮遊感がまたとっても素敵です♪

    メロディラインも独特なアレンジが加えられていて、
    そして「サウンドの宝石箱」と言いましょうか…
    Pull-in Box様らしさが存分に発揮された作品であると、思います☆

    ぜひチェックしてみてくださいね♪

    さて、ここまで前半戦19曲を一気にご紹介しました。
    生放送ではここで5分間の休憩に入ります。

    コメントでは「ポッキーが切れた」などの会話があり…
    おいらはですねー、7袋目のポッキーを開封したところでしたww
    「そりゃ食べすぎだ」などとツッコミをいただきましたが。。

    だって、バーボンと相性ばっちりですもん☆

    …は?
    健康診断??
    医者の忠告???
    しりません、そんなものはw

    そして、つうく@焼酎P様も「焼酎1合ストレートで飲んでしまった」とw
    さすがの飲みっぷりですねw

    他にもM.R.A.様は麦茶を2リットルww
    ドクペやワインを飲まれている方もいらっしゃいましたね☆
    あと、「MEIKOワインを開けられないっ!」という方も…
    そんな10周年記念のレアモノ…ww

    さてさて…
    今回の「みんなでアレンジ大会」では、告知動画の作成も行われました。
    おいらもね、ガッツリやらせていただきました☆

    ここでご紹介しましょう☆

    【告知編Korby様×モスラ様】



    【告知編▲譽様諭



    【告知編たけ@団長(笑)×さとうささら】



    【告知編WITH×黄咲愛里】



    【告知編イ燭院団長(笑)×Sa-O-Ri”n”(ささら/ONE/愛里)】



    と、言うことでございまして。
    上記5作品が「告知動画」として公開されたワケでございます。
    また、ツイッター等SNSを通じて、多くの方が参加を呼び掛けてくださっておりまして。
    「第2回」を上回る参加者が名乗りを上げられた。
    ホントね、参加するのが一番だと思いますが、
    「視聴者」として参加されるのも…
    クリエイターの皆様にとって大きな意義があるイベントだと、そう思っています。

    ここまで19作品を拝見いただければお分かりのとおり。
    皆さん、それぞれに個性を発揮されて素敵な作品を仕上げてらっしゃいます。
    どの作品も「まったく同じものがない!」…
    やはり、同じメロディでも個性が変わるだけで全く違う作品に聴こえるワケでして。

    音楽の世界は…ホントに星の数ほど多くの方が活動されております。
    いろんな形で有名になる方もいらっしゃいますが、それはほんの1握り…

    当ブログで以前から訴えさせていただいておりますが…
    皆さん心をこめて1つ1つの作品に魂を注入されて、そして公開されております。
    きっと、ご覧頂いてる皆様の心をつかむクリエイター様が必ずいらっしゃるはずです。

    是非ともですね、この機会に…
    参加された皆さんの「過去作品」にもご注目いただければと、そう思っております。

    そして、「コメント」や「マイリスト登録」、「お気に入り登録」をですね。
    お願いいたします。
    そうしていただくことが、クリエイターの皆様の大きな活力源になるのです。

    今回の記事も、ご覧頂いた皆様にとって…
    素晴らしいクリエイター様との素敵な出会いになることを祈っております☆

    さ〜休憩も終わり。
    sada様の「うえーーーーーい!!」から後半戦がスタートします☆
    (「うえーーーーい!」が生存確認になってるような状況に…w)

    さー、後半戦1発目はこの作品です!!

    ☆20曲目



    四半世紀P様(初音ミク)の作品でございます☆
    元気ハツラツなロックポップなアレンジでございます♪

    イラストは砂音鈴(sa-o-ri)様の作品でございます。

    なんと言っても、
    アカペラのコーラス(ハモリ)から始まるイントロが印象的ですよね☆
    そして小刻みなカッティングギターも小気味よく、気分がルンルンになります。

    すると…
    我らがリーダーMIKIが間奏で「わー、かわいいー♥」と声を洩らします。
    軽快なエレキピアノのソロがたまらないですねー★

    最後「ららら…」と歌う部分は、「らららら・・・」とコメントが画面を流れて、
    視聴者の方もコメントで歌っているというですね。
    ホント、最高ですよ☆

    キュートなポップロック作品、素敵です^^

    さて、そんな中…
    JunTakahashiP様がコード進行についてコメントされ、
    ふと…「僕とSWitch offさんのコード進行は…」と流れた瞬間…
    「教授P」のコメントが多数ww

    とうとう、
    SWitch off!!様の「ボカロ名」が『教授P』と決まってしまうというですねww

    作品と共に盛り上がった瞬間でした☆

    さぁ、
    続いていきましょう!!

    ☆21曲目



    メグカップP様(KAITO/初音ミク/GUMI)の作品でございます☆
    リコーダーの伴奏からマーチングなバンド演奏へと変化するアレンジでございます♪

    すごく温かみがある…
    人のぬくもりを感じる…
    ホント、そういった形容がピッタリの作品でございます☆

    注目のイラストも、メグカップP様が描かれております。
    クレヨンで描かれたということで、メグカップP様は恐縮されておりますが…
    おいらは好きです。
    人のぬくもり、そして心を感じます!

    見えませんか?
    KAITOがリコーダーを持って演奏している姿が^^
    心が綺麗な方ならきっとそう見えているはずですww

    (てか、歌っているはずのKAITOがどうやってリコーダーを演奏してるんだ…?
     というツッコミはナシでw)

    そして後半はマーチング的なバンド演奏へ切り替わります。
    初音ミクとGUMIが奏でる「合唱コーラス」がとてもキレイで、
    心が洗われます☆

    ちなみに「KAITOの服はマスター(メグカップP様)の普段着なんだよー」とGUMIちゃんがコッソリ教えてくれましたww

    さぁ、
    視聴者の皆さんの心が温まったところで、
    次の作品です☆

    ☆22曲目



    逃走P(かてきん)様(かてきんっぽいど)の作品でございます☆
    ピアノ演奏が素敵なアレンジでございます♪

    クラシカルに、そしてジャズテイストを持つ…
    軽快なピアノ伴奏がとっても楽しい作品でございますが。
    上記カッコ書きにある「かてきんっぽいど」とはなんぞや…
    に触れないワケにはいきませんね☆

    Vocaloid、CeVIOと、もうひとつ「UTAU」という音声合成ソフトがあるのは、「おススメボカロシリーズ」第1回の記事でご紹介させていただいているところですが。
    逃走P(かてきん)様の声をデータ化して「UTAU」で歌わせるようにしたのが「かてきんっぽいど」なのです☆

    「重音テト」や「雪歌ユフ」など人気のキャラクターもいますが…
    「UTAU」は自分の声をデータ化して歌わせることもできるソフトなのです♪
    そのやり方については、ネットで検索していただければすぐに出てきます^^
    しかも「UTAU」は無料ソフトでございます☆

    つまり、「かてきんっぽいど」は逃走P(かてきん)様の歌声なのでございます!
    リーダーMIKIの瞳をキラキラさせたピアノ伴奏と…
    おいらの心をがっしりつかんだ「かてきんっぽいど」w

    そんな素敵な融合が織りなす作品でございます☆
    ぜひともね、チェックしてみてくださいませ♪

    生放送では「(ファミコンソフトの)マッピーみたい」なんてコメントもありましたがw
    確かに、懐かしいですねww

    続いてまいりましょう!
    次に流れた作品は…こ・れ・だっ!!

    ☆23曲目



    あきぽん様(初音ミク)の作品でございます☆
    これぞ「あきぽん流」と言う王道テクノアレンジでございます♪

    「テクノ」とひとことで言っちゃってますが…
    生放送のコメントでもありましたが、
    実は「ハイブリッドアレンジ」と言いますか。

    イントロからBメロまではテクノポップで、サビは「バンドテイスト」に変化します。
    そして店長(転調)する最後の大サビはテクノポップで…と。
    1曲で3度おいしい仕掛けをされております☆

    ちなみに、イラストはミルクティ様が手掛けております。

    聴きごたえ満点☆
    さすがあきぽん様でございます♪
    ホント幅が広いとはこの事を言いますね☆

    あきぽん様曰く「バンドテイストのところは、もっとロックに行きたかった」とのことですが。
    うん、このままでも初音ミクのキュートなボーカルが活きてますので・・・
    おいらは好きですねー★
    こちらも要チェックですよ♪

    さて、続いては…

    ☆24曲目



    卯月由羽様(重音テト)の作品でございます☆
    こちらも疾走感溢れるロックアレンジでございます♪

    とにかく突っ走ります!
    破壊力抜群のスピードでございます!
    Aメロでは「五線譜」の中を歌詞までが疾走します!
    生放送で「言葉のトラックレースや!」というコメントがあるほどですね☆
    このコメントに続いた「ひこまろがいた」のコメントに吹いてしまいましたが…
    ウマいこと言いましたねーww
    流れるコメントと歌詞がレースをしているようにも見えました^^

    この作品が流れた瞬間、
    なんと、Kozyが身を乗り出して聴いていたと。
    「ツーバスええなー」と目をギラギラさせて聴いていたそうですww

    ほんでまた…
    元気いっぱいで、パンチが効きまくった「重音テト」の年齢を感じさせないパワフルボイス!
    これはですねー…
    ホントにすごいっすねー★

    「UTAU」の重音テトがここまで歌えるだなんて、正直驚きました!
    素晴らしい調声です。

    この作品を拝見して…
    93年モノの疾走メタルを重音テトに歌わせてみようかなーなんてw
    思っちゃったりもしましたねw

    カッコ良い作品ですよ!
    是非ともチェックしてみてくださいませ☆

    さぁ、熱気が上がってきところで…
    次の作品!
    いってみましょー☆

    ☆25曲目



    夢永美朱@夜色P様(「m.y.c.i.」初音ミク/結月ゆかり/CUL/IA)の作品でございます☆
    素敵なテクノポップアレンジでございます♪

    ホント、今回もですね…
    とってもきれいなテクノポップサウンドで参加された夜色P様。
    優しく包むシンセ音とビートがとても心地良いです♪

    そして…
    ボーカルを担う「m.y.c.i.」。
    これはVocaloidキャラ4名による夜色P様のオリジナルユニットの名称です☆
    このユニットで過去に2作品公開されておりますが…
    これまで「ナレーター」だった結月ゆかりを、今回から「ボーカル」として起用されたということで。
    なんと4声コーラスですよ☆

    しかも…
    バックコーラスに巡音ルカとMEIKOまで起用されているということで。
    超豪華ですよねー★
    ホントに美しいハーモニーを奏でられています♪

    そして、間奏。
    「第2回」の課題曲「Your Color RainbowS」のフレーズが…聴こえませんか?
    こういった細かいところの遊び心もさすがです☆

    ホント、これまでのどの作品もそうですが、
    この作品も是非ともチェックしてみてください☆

    さ。
    次に続く作品…いってみよー!!

    ☆26曲目



    nicotrout様の作品でございます☆
    独特の世界観を持つテクノアレンジでございます♪

    14曲目にご紹介したM.R.A.様と同じく、ご本人様歌唱でございます^^
    ほのぼのした感じがあって、自然に笑顔になれる…そんな作品です。
    そしてnicotrout様の無表情なボーカルも、「歌ってる」って感じがあふれ出ていてですね。
    なんだか「ぬくもり」を感じるんですよねー♪

    表現悪いかもですが…
    お菓子作りで甘さを引き出すために敢えて塩を入れる…
    そんなイメージですかね。

    そして、目を奪われる「羊のオブジェをナデナデする写真」ですよね☆
    これはですねー、
    生放送をご覧になられた皆様を「笑顔にさせた」インパクトのある1枚ですよね。
    ちなみに、ナデナデしているのはnicotrout様なのだそうです。

    実は、作品の完成が11月11日20時までに、間に合いそうになかった…とのことで、
    「とりあえず」として使用されたとのことですが。

    「(nicotrout様の)歌い方が羊っぽく聴こえる…」
    なんてコメントもありました。

    「元気が出る作品」という枠組みで見れば…
    「四面楚歌」が生んだ最高の結果だと思います。
    (もし、「意図的に…」ということであれば、それはそれで凄いことですよね)

    ホント「自然に笑顔がこみあがる」作品ですので、是非ともチェックいただければと思います☆

    さー、続いてまいりましょう☆
    nicotrout様の作品で場が和む中、流れた作品は…
    こちらっ!

    ☆27曲目



    真神稲荷様(初音ミク/貴方野芽衣子)の作品でございます☆
    超高速メロコアアレンジでございます♪

    前回「第2回」の時もですね、
    「祭囃子」からIron Maidenを彷彿とする超メタルアレンジで参加された真神稲荷様。

    今回もまた…
    「時報のお知らせ」から「せぇ〜のっ」の掛け声で始まる破壊力抜群の高速メロコアです。
    この始まり方はモエモエしちゃいますよね☆

    真神稲荷様にお話をお伺いすると…
    コード作成で、良い進行が思い浮かばなかったため…
    今回はアメリカのメロコアバンド「Blink 182」の「The Party Song」をオマージュされたとのことです。

    オマージュ…と言うよりは、
    完全に本家様を飛び越えちゃっておりますww
    これぞ真神稲荷様の魅力ですよね☆

    念のため…
    「オマージュ=パクリじゃねーの?」という概念については、
    以前当ブログでも扱ったことがありますが、おいらは本家様、原曲への「尊敬の念があってこそ」だと思っております。

    この辺はですね、真神稲荷様へ話をお伺いすると、同じ認識を持たれてらっしゃいまして。
    こうして自分の作品で確信的にオマージュ(リスペクト)することで、原曲の良さを再認識でき、そして新しい発見があり…とても楽しい、とおっしゃられます。

    これはですね、おいらも同感です。
    原曲を愛するが故にオマージュすることは、原曲を更に活かすことになる。
    そして真神稲荷様がおっしゃられるように、原曲のことがもっと好きになれる。
    そう思うのです☆

    と、ちょっと話が脱線してしまいましたがw
    (いつものことで、すみませんw)

    で、ですよ。
    このカッコ良いギターリフは…
    ダウンストローク…つまりピックを下にはじくのみ…だけで弾いてらっしゃるとか。
    しかも掌をギターのブリッジにあてて「ミュート」しながら…。
    このスピードで…これは驚きました!
    大概は上下に弾かないとスピードについていけなくなることが多いのですが。。w

    それをやっちゃう真神稲荷様…恐るべしですっ!

    そして最後…
    前回「第2回」の大トリを飾ったKorby様の「貴方野芽衣子」(MEIKO)が登場するというですねww
    真神稲荷様の、この遊び心がたまりません☆

    さて、続く作品…

    ☆28曲目



    アコギP様(KAITO)のアレンジでございます☆
    ホッとするような…アコースティックギターサウンドによるアレンジでございます♪

    まるでストリートライブで披露しているかのごとく。
    「Sing your song ! Sing your self!」の部分を…
    あえて歌わせていない(その場で見ている方に歌ってもらうような)演出も素敵です☆
    そして、KAITOの優しさで包むようなボーカルと、ナイロン系のフォークギターの伴奏。
    これはですねー、元気出ますよね。
    歌の温かみを感じるはずです。

    さて、
    皆様の想像通りではありますが…w
    アコギP様の作品はですね、おいらも以前から拝見させていただいてたりしています。

    特にですね、
    「結婚前提で付き合いませんか?」と「結婚前提で付き合いました」の2曲。
    おいらがアコギP様の作品に初めて出会った作品でございます。
    この2作品はですね、涙が止まんなかったですね。

    アコギP様の作品は…
    70年代フォークシーンをリバイバルされている作品がとても素敵でございます☆
    ホントに身近にあるありふれた出来事を、さりげなく物語にされておりまして。
    とても胸に響く作品が多くございます。
    是非ともですね、チェックしていただければ。

    さて。
    続いてまいりましょう☆

    ☆29曲目



    つうく@焼酎P様(「めいろは」MEIKO/猫村いろは)の作品でございます☆
    ソウルフルで、ファンキーなアレンジでございます♪

    もうーーーーー!
    つうく@焼酎P様ならではのアレンジ、楽しいですね☆
    クリアーなカッティングギターのリズムと、ホーンセクションの音色がクセになります!

    これがですねぇ、なんと…
    作品のミックス、そしてボーカルの調声作業を始められたのが11月10日。。。
    徹夜で作業をされて、ぎりぎり間に合ったということでですね。
    突貫工事の様相ですが、このクオリティです☆
    ホント、さすがです!

    生放送前の「竹鶴」割ハイボールは格別だったと思いますww

    あ、そういえば…
    今作はどんなテーマで制作されていたのか…お伺いしてませんでしたね。。。
    また時間がお合いした際にでも…♪

    と、いうことでございまして。
    次で30曲目になりますねー★

    つうく@焼酎P様も生放送で「酔っ払いの人!」とコメントがあったほどですね。
    随分アルコールが進んでおりましたw

    生放送のこの時点で、日付は11月12日に変わっておりまして。
    オチかけてらっしゃる方もちらほら…
    「うぇーーーーーい!」の掛け声は「生存確認」の様相を呈してきましたww

    てか…
    酔いすぎて「おぇーーーーーーーいぃ」と返される方もちらほら…

    ささ、参りましょう!!
    「うぇ〜〜〜〜〜〜いっ☆」

    ☆30曲目



    Masaomi様(初音ミク)の作品でございます☆
    シャッフル系のビートが効いたアレンジでございます♪

    イントロのドラムロールから入っていく様はカッコ良いですよねー!
    Masaomi様の作品で30作目になるのですが、シャッフルビートはこの作品が初めてになります。
    これはもう…
    視聴者の方は皆さん、ビートに酔われていらっしゃいました♪

    間奏のギターソロとタムが織りなすサウンド…
    そこから続くサビでのハンドクラップ…。
    この流れはカッコ良いですよね☆

    そして、生放送では…
    Aメロ1番の途中あたりで「飾りじゃないのよ…」というコメントが流れまして。
    ここから「それわかるー」というコメントが…。

    これはMasaomi様も意図しない反響だったと思いますが。
    実は生放送中のこのとき…Masaomi様は夢の世界へ旅立っておられてたとかw
    (後日、タイムシフトでご覧になられて「ワロタ」とコメントされておりました)

    するとですねー。
    この作品に、まさかの「飾りじゃないのよ涙は」タグが?!
    これは驚きましたww

    とにかく、すごくカッコ良く、そして素敵な作品でございます☆
    明菜ファンのおいらもね、お勧めの作品でございますよ^^

    さー、終盤へ向けて盛り上がってきましたよー★
    続いてまいりましょう!!
    こちらっ♪

    ☆31曲目



    technogenome様(初音ミク)の作品です☆
    キュートなポップアレンジでございます♪

    イラストはこまに様の作品でございます。

    30曲目Masaomi様の作品のエンディングを引き継ぐかのように…
    「Sing your song ! Sing your self!」のメロディから始まったのは、偶然なのですw
    (冒頭でお伝えしたとおりエクセルシートで乱数を振られた結果)
    これはですねー、驚きですね☆

    裏拍子で入るオルガンと、さりげなくちりばめられたアコースティックギターの音色がキュートさをより醸し出してます。
    生放送では「レゲエチックな…」というコメントもありましたが。
    そこは捉え方も人それぞれと言うことで☆

    そしてソフトな初音ミクのボーカルも、どことなくフレンチっぽいテイストを出しておりまして。
    ホント、繰り返しになりますがキュートな作品でございます♪

    実はですねー。。。
    technogenome様はご自身のオリジナル作を10月24日に公開されたこともありまして。
    今回は「不参加」と言うことを表明されておりました。
    ところが。
    勢い余って11月10日から本作を作り始められまして。
    なんと、一夜漬けで完成されたということでですね。

    つうく@焼酎P様もそうですが、一夜漬けでこのクオリティ。
    いや、ホントさすがです!
    要チェックっすよ☆

    生放送では、フレンチテイストのポップだ、いやスウェーデンの要素もある…と、
    この作風がどの国のポップかという話題のコメントが流れておりました。

    すると…「北欧」というコメントから、technogenome様のボカロ名を「北欧P」とされるようなコメントまで飛び出しますw
    SWitch off!!様の「教授P」と同じ流れですね♪
    「2人目の犠牲者」というコメントも…w

    すると、ちょうど作品が「転調」したもので。
    「北欧店長P」と。。。w

    キュートなポップで場が和んでおりました♪
    さ、そんな和んだ空気の中…
    次の作品で皆さんのテンションが一気にヒートアップします!!

    さぁ、心の準備は良いですかー???
    次に流れた作品…こ・ち・ら♥

    ☆32曲目



    sada様/おたま様/モスラ様の作品でございます☆
    主宰sada様のテクノアレンジでございます♪

    さぁー、
    イントロのサビが流れた瞬間、生放送は一気にヒートアップします!!
    「御大!」「ボス!」「酔っ払い!」と、掛け声コメントも多数流れますw
    (みなさん、酔っ払われてグダグダ感もありますがww)

    動画を手掛けられたのはたちゅーん様。
    そして、歌うのは…
    「第1回」の4作品をすべて「歌ってみた」で披露されたおたま様と、レネ様の御母堂モスラ様の「ママさんコンビ」でございます☆

    ホントねー…
    これで盛り上がらなければ、どこで盛り上がるんだ?!
    と言うほどですね。

    sada様の「ウネリ」が効いた独特のシンセサウンドとそして音圧。
    たちゅーん様のポップで壮大な動画。
    そしてママさんコンビのパンチが効いたハイトーンのボーカル。
    スゴイッスネー…

    当ブログではご紹介してなかったんですが。
    モスラ様は実際「歌ってみた」として、ものすごいパンチが効いたボーカルの持ち主でございまして。
    当ブログでは今回が初紹介となりますね☆

    それにしても、どういうわけか…
    動画のワンシーンに大分県耶馬渓の写真がww
    ナツカシーッスw

    そういえば…
    作品を聴いていたリーダーMIKIがポツリ…
    「THE ALFEEの『SWEAT&TEARS』…っぽく聴こえてきた…」と。
    そう言われれば、
    菊池圭介さんのプレイスタイルをイメージすると、そうも聴こえますね☆
    タシカニw

    なにはともあれ…
    生放送では一気に盛り上がりました☆

    すると…生放送のコメントでは…
    「降参!」「参りました」「あれには勝てない」などのコメントが…w
    中には「ずるい」なんてコメントもw
    まぁまぁww

    いや、ホントね、
    興奮しましたねー★

    さて…
    そんな一気にボルテージが上がりきったところでございます。
    今度は作品が流れていない方の「恐怖のボルテージ」も同時にハネ上がっておりますw
    残る作品は7つ。
    「もう嫌だ…」というコメントも流れております。

    2つのボルテージが重なる中…
    次に流れた作品は…
    こちらっ!

    ☆33曲目



    たてごと♪様(Kokone)の作品でございます☆
    しっとりピアノの弾き語りアレンジでございます♪

    「ふつくしい」というコメントが生放送で流れるほど。
    トリル(隣り合った音を連続して弾く)がちりばめられていたり、
    後半では流れるようなアルペジオが入っていたりと…
    壮大でありながらも繊細で美しい作品です。

    そしてKokoneの吐息を吐くようなボーカルが見事に融合していまして。
    ホント「心にしみる」作品で、素敵です☆

    そして作品が終わると、
    「BRAVO!」「わんだほー!!」「感動!」「泣けてきた」…
    そして画面を埋め尽くす「8」のコメント。
    先ほどまでのボルテージに負けない程の賞賛のコメントが渦巻きます☆

    いやー、誰もが「イヤだ」と言った最高潮のボルテージの後。
    クールダウンするには最適な曲順ではないかと、おいらは思っております。
    「ぼくの作品がsadaさんの真後ろだったことは…乱数の神様にお恨み申し上げます」と
    おっしゃる、たてごと♪様には申し訳ないですが。。。w

    ということで、
    感動のボルテージが頂点に達したところで…
    次の作品いきましょー!!

    ☆34曲目



    吉川ひびき様(巡音ルカ/神威がくぽ)の作品でございます☆
    オルガンを主体とした「応援歌風」のアレンジでございます♪

    イラストも吉川様が描かれたとのことで。
    チアガールの巡音ルカ、学ランの神威がくぽ…それぞれ良いですよね☆
    そして、途中ニコニコ笑顔になったりと表情も変化しまして。

    オルガンとドラム、ベースが淡々と伴奏を続ける中、
    硬派なキャラであるルカ&がくぽが…これまた淡々と歌い上げていきます☆

    「硬派」なイメージと「かわいい」イメージが融合したと言いますか。
    ホンワカとほのぼのした作品でございます♪
    おいら、好きですよ☆

    生放送もすごく和んだ空気になりまして。
    ホンワカあたたかい気持ちになりました☆
    「ありがとうと言いたい」というコメントもありましたように。
    ホント素敵な作品です☆

    さぁ。
    いよいよ残すところ…あと5作品になりました。
    続いての作品はこちらっ!!

    ☆35曲目



    Mr.Fail様(巡音ルカ)の作品でございます☆
    小室哲也さんを意識されたEDMサウンドアレンジでございます♪

    イントロからシンセ音に吸い込まれてしまいますね♪
    1コーラスのみでの作品となりますが…
    Aメロ前半までとそれ以降でドラムのビートが変化したりですね。
    サビからは、まさに小室サウンドチックなリードシンセも入ってきます。
    一粒でいくつかおいしい作りになっております☆

    それと、大胆に崩したボーカルラインを、無機質に歌うルカさんのボーカルもなかなかです。

    さて、生放送では…
    EDM系といえば…「北欧」ww
    ということで、ボカロ名「真・北欧P」なるコメントまで飛び出しておりましたw

    北欧系くすぶっておりますねww

    と、いうことで、
    さぁ残り4作品☆

    続いてまいりましょう!!
    こちらっ!

    ☆36曲目



    文目様(IA)の作品でございます☆
    文目様の必殺技スカ&パンクアレンジでございます♪

    イントロからワクワクしますよね。
    クリアなカッティングギターが心地良うございます。
    そして、全体を通して響き渡る「スカパラ」を彷彿とするホーンセクション。
    間奏では…ジャズテイストのピアノまで飛び出してくると言うですね。

    さすが文目様でございます☆

    そういえば…
    事前告知では「GUMI」で…とお伺いしていたような気がしましたがw
    気のせいでしょうねww

    このアレンジには視聴者の皆様も引き付けられておりましたねー♪
    次々飛び出す仕掛けが楽しくてですねー。
    コメントにもありましたとおり…
    ヘドバンしてしまうほどですねw
    スカでヘドバン…あるとおもいますっ!

    皆さんも、文目さんのアレンジで「スカでタテノリ」やってみませんか?
    要チェックですよ☆

    さぁ、続いてまいりましょう!!
    残すところ3作品☆

    カウントダウン…3!!
    こちらっ!!

    ☆37曲目



    txdHIROSI様(GUMI)の作品でございます☆
    王道のバンドサウンドアレンジでございます♪

    前回「第2回」では、小悪魔チックに悪そうなGUMIちゃんが登場しました。
    今回は青春真っただ中、さわやかなGUMIちゃんの登場でございます☆

    コンセプトは「ギターを手に入れたの!!バンドやろ〜☆」と、
    言うことでございまして。
    うん、なかなかブリティッシュなロックでございます♪

    イントロから刻むリフが小気味良いですよね。
    そして、これまた王道のギターソロ☆
    タテノリタテノリ☆
    昭和の良いとこどり…そんなイメージです♪

    さすがtxdHIROSI様でございます^^

    うちらもですねぇ。。。
    時代をさかのぼること30年前。
    中学時代に「WITH」が結成された当時が懐かしゅうございます。
    ビバ青春☆
    当時、純情可憐だった2人の少女は、今や更年・・・
    おっと、何やら突き刺す視線が…w

    生放送では…
    やはり王道のブリティッシュロックなイメージから…
    「北欧」のコメントが連発しますww
    しかも、間奏後に転調するもんですから・・・
    「北欧店長入りました」なるコメントも飛び出しますw

    いやー、北欧やらは置いといて…
    ホント素敵なバンドサウンドでございます☆
    ぜひチェックしてみてくださいね♪

    おおー、いよいよ残り2作品っ☆

    続いてまいりましょう。
    カウントダウン…2!!
    こちらっ!!

    ☆38曲目



    toishi39様の作品でございます☆
    キラキラ爽やかなバンドサウンドアレンジでございます♪

    こちらの作品もですね。
    toishi39様がボーカルを担当されております♪
    適度にドライで、それでいてソフトで素敵なボーカルです★

    そこへさわやか系のバンドサウンドとボーカルが融合しまして。
    すごくそう快感を覚える作品になっております♪

    そしてイラスト。
    こちらもtoishi39様が描かれたと言うことでですね☆
    さわやかなイラストと素敵な歌声。
    天は2物も3物もお与えになられる…のですね。。w

    さて…
    生放送では、未だ「北欧」のキーワードが続いておりましてw
    しかもtxdHIROSI様の作品に続き、こちらの作品もサビで転調すると。
    「北欧→店長(店長)」の流れが…
    「店長(転調)するから、やっぱ北欧だ」というニュアンスに変化しておりましたw

    生放送前半では南国気分だったはずが…
    後半から北欧へと…。
    すごい旅ですよねw

    と、言うことでございまして。
    いよいよ大トリになりました!!

    うえーーーーーーーーーーいっ☆

    さぁ、大トリはどの作品なのでしょうか?!
    参りましょう!!
    「第3回みんなでアレンジ大会」の締めくくりっ☆

    ☆39曲目



    Korby様(MEIKO)の作品でございます☆
    今回のシメはボサノバアレンジでございます♪

    前回「第2回」は「貴方野芽衣子(MEIKO)」が歌う「演歌/歌謡」アレンジで、
    大盛り上がりの中で幕が下りたことは記憶に新しいところです。

    今回も大トリはKorby様。
    しかも、生放送後半から続くキーワード「北欧」。
    Korby様の作品はそれこそ北欧ど真ん中「ボサノバ」作品なのがですね。
    それもですよ、サビからは南国風のリズムも…。
    生放送の流れを完全に「読み取った」ような…。
    まさに奇跡ですっ!!

    本当に「エクセルシートの乱数」で決まった曲順ですよ☆
    神のなせる技ですねー★

    しかも転調も入るもんで、
    もう視聴者の皆さんは大興奮ですww
    「やっぱり店長入りました」と。

    と、いうことで…
    大盛り上がりの中、最後の…

    え、あ、…ソダ…w

    きちんと作品をご紹介しなきゃっ♪
    (前回もこんな流れでご紹介しました、スミマセン。。。w)

    今回のMEIKOさんは「Whisper」でございまして。
    イメージがピタリと合って、無調声なんだそうです。
    これはすごいですよねー(@@;b

    前回の「演歌/歌謡」でもその実力を発揮したMEIKOさん。
    今作も、その計り知れない実力を存分に発揮しております☆

    それと…
    間奏のピアノ。
    こちらはSWichi off!!様が担当されたと言うことでですね。
    生放送では、その瞬間「北欧教授P」と、やんやのコメントが流れておりましたw

    そう、実はコラボ作品だったんですよねぇ。
    うん、コラボ。
    コラボ…

    ということでございまして!!
    今回もKorby様の作品で、盛り上がるだけ盛り上がって幕を閉じることになったのです。
    いやもう、奇跡ですよね。
    おいらも、メンバーもみんな大興奮でした☆

    そんな興奮冷めやらぬ中…
    最後の最後で、主宰sada様より…
    参加者を更にアツくさせるコメントが出されます!!

    次回みんなでアレンジ04の開催について。
    「次は少しハードルを上げます」と、言うことでですね。

    どんなハードルの上げ方をするんだろうと…
    参加者の皆さんは興味深々で大盛り上がりです☆
    「変拍子」でくるのか…
    「ジャンル指定」でくるのか…
    皆様の頭の中は「音楽に関するハードル」をイメージされているご様子。。。
    「あげてー」というコメントが出る一方…
    「sadoさんだー」などというコメントも飛び交いますw

    すると、発表された内容は…
    「何らかの形でコラボレーションすること」
    …つまり、第4回は「コラボ縛り」になると。

    この瞬間「えーーーーーーーーーーー?!」のコメントが画面を埋めますw

    「1人で完結するのではなく、誰かとやり取りしながら作品を完成させる」

    最後の最後「友達作っといてくださいね」の言葉で生放送は終了するのです。
    まさか次回のテーマにまで「Korby様の今作品」が絡んでいたとは。。。w

    おいらは、「たけ@団長(笑)」の名義で作品を公開しておりますが。
    今作も含め…
    これまでの作品も、バンドのメンバーとやり取りしながら制作をしておりまして。
    sada様の意図は読み取れました♪

    これはですね。
    参加する価値は大きいと思います。
    他のクリエイターの方との融合。
    つまり、お互いの持てるスキルを最大限に活かして、お互いを切磋琢磨する。
    これこそ「スキルアップ」につながるチャンスですよね。

    例えば、
    バンドサウンドが得意なクリエイター様と、EDMが得意なクリエイター様のコラボ…
    どんな作品が生まれるか興味がありませんか?
    とかですね。

    詳細に関してはsada様より改めてアナウンスがあるそうですが。
    ワクワクしますね☆

    さて、最後になりますが。
    今回も最高に盛り上がったイベントとなりました。

    運営を支えられました事務局を担当された
    主宰sada様、
    SWichi off!!@教授P様
    txdHIROSI様
    モスラ様

    皆様方に改めましてお礼を申し上げます。
    本当にお疲れ様でした!!
    そして、ありがとうございました☆
    うえ〜〜〜〜〜〜〜いっ♪

    と、いうことで。
    長い時間の付き合いいただきありがとうございます☆

    これからも続く「みんなでアレンジ大会」
    「作品」でも「ご視聴」でもですね、
    皆さん参加していただければと思います☆
    ホンットに楽しいイベントですので♪

    ではでは、この辺で。
    また次回の更新でお会いいたしましょう☆

    コメント
    コメントする









    わーねばやらねば!
    当ブログでは株式会社アルティが権利を持つ 『ワールド・ネバーランド』シリーズの画像を利用しております。
    該当画像の転載・配布は禁止です。

    (C)althi Inc.
    http://www.althi.co.jp/
                    
    links
    profile
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    ククリア王国日記INDEX
    アリオスティ家の生活
    ↓過去記事はこちらから!↓

    ククリア王国日記
    Memory of Ariosti family
    初代:タイタンさん編
    2代目:ガゼールさん編
    3代目:レオーネさん編
    4代目:リゲルさん編
    5代目:アレクスさん編
    6代目:レグルスさん編
    Sponsor

    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM