<< 【Project Dancho】団長おススメ!ボカロ作品のご紹介 | main | 【Project Dancho】団長おススメ!ボカロ作品のご紹介 Part.2 >>

【Project Dancho】〜団長リバイバル 其の拾九〜

0
    ひゅ〜〜〜る〜る〜
    ひゅ〜〜〜る〜る〜
    しばれますなぁ…団長でございますよ♪

    さて、前回の「団長おススメ!ボカロ作品のご紹介」の記事ですが、
    多くのアクセス、そして反響をいただきました。
    ホント、ありがとうございます。

    今回ご紹介させていただいた作品、そして「ボカロP」の皆様に厚く御礼を申し上げます。
    そしてですね、やっぱり1回目と言うことでですね…
    まだまだ紹介しきれていない作品がたくさんあるわけですよ。

    そこで!
    続編をやってみたいと思います。
    と、いうことで…
    前回紹介させていただいた「ボカロP」様の他の作品も併せてご紹介できたら…
    と、思っています。
    是非ともよろしくお願いいたします。

    てなワケでございましてですねぇ。
    久しぶりの「団長リバイバル」の記事です。
    「其の拾九」ということなんですが…

    これね、ニコニコ動画にアップしたの7月の話なんですよねぇ。
    4か月も前の話をいまするか!?…w
    それはさておき、さっそくご紹介しましょう!



    いかがだったでしょうか。
    動画の中は夏真っ盛りですがw
    今回、ライナーとしてご紹介するのは「メロンソーダ」でございます。


     
    はい。
    あ、そそ。
    前回の「ボカロ作品紹介」からですが…
    「ニコニコ動画」からの紹介となります。
    あ、別に深い意味はないのですが…。
    ただのきまぐれですww

    つか、「コメント」が流れるのでですね。
    「YOUTUBE」よりは、どんな「反響があるのか」が分かりやすいと思いまして。

    ほんでですね、この「メロンソーダ」。
    95年の夏ライブ「Nervous Age」の2曲目に演奏したナンバーです。
    コメントにもありますとおり、「炭酸飲料」をイメージしている曲ですので、
    さわやかなロックチューンになっております。

    それでですね、この「メロンソーダ」からですね…
    マスタリングの仕上げにひと加工やっておりまして。
    「音圧の増幅」、「サラウンド音響の付加」を行っております。

    ですので、
    「サラウンド機能」がついた音響機器でお聴きになられると、
    臨場感あふれるサウンドになって聴こえてくるはずです。

    まぁ、過去の18作品もそうなんですが。。。
    元の音源が「ライブビデオ」だったり、「デモテープ」だったりしているワケです。
    約20年前のビデオカメラで収めた音を聴きながら、作品を起こしております。
    なんせ、度重なる引っ越しで楽譜をなくしちゃってるんでですね。
    自分で書いた曲を耳コピーしながらやっているという、何とも情けないw

    そ。
    「元ネタ」が「ライブ」なんです。
    ライブでの演奏をですね、なんとかうまく表現したかったんですよ。
    それで「サラウンド音響」を導入してみた次第です。

    どうでしょ。
    良い感じじゃないですか?(←自画自賛でスミマセン)

    と、技術的な話はこのくらいにして…。
    この「メロンソーダ」と言う曲について。

    えと、その前に…

    この95年夏ライブのテーマについて語っておかなければなりません。
    このときのテーマは「新生活」でございます。
    就職が決まり、学校も卒業して、田舎を飛び出して、
    「ずっと憧れていた1人暮らし」をスタートするという設定があるのです。

    「メロンソーダ」は、
    そんな主人公が都会へ引っ越した「直後」の状況を歌っているのです。

    住む街が決まると、事前にその街の情報を調べますよね。
    近所にどんなお店があるんだろう…とかですね。

    冒頭部分「ちょっと前に本で見たことがあった、そんなに気にもとめてなかった」
    「見知らぬ遠い街でそう思った」のあたりは、こういう情景なのです。

    そして、実際に移り住んで…
    事前に仕入れた情報をもとに、街を散策するわけですよ。
    もちろん、生活必需品を現地調達するための買い物とかも兼ねて。

    そうして、生活していくうちに会社の同僚だったり、同じ趣味のサークルだったりと、
    人間関係が構築されてくるわけです。
    そんな友人(知人)に誘われてお食事に行ったお店。

    その「お店」がこの曲の舞台なわけです。
    引っ越す前にチェックしていた「街ガイド」にも、そのお店は載っていて、
    実は「地味においしいお食事処」だったわけでして。
    主人公はこのお店にハマってしまう…と。

    当然、足しげく通うことになりますよね。
    そうなると「常連客」として、お店のスタッフとも親しくなるのです。
    すると、そのお店は「1人暮らしのさびしさ」や「慣れない仕事の疲れ」を癒す「隠れ家」となっていくという。

    そんなストーリーを持った曲なのであります。

    1人暮らしを経験されたことがある方なら覚えがあると思います。
    誰しも「なじみのお店」が1つ2つあったと思います。

    曲を聴いていただくとお分かりのとおり…
    「メロンソーダ」とは、「なじみの店で必ず頼むもの」…
    つまり「いつもの!」ってやつですね。

    こうして、主人公は「新生活」に馴染んでいくという展開なのです。

    さて、この「メロンソーダ」のストーリーには続きがございまして。
    主人公はですね、
    この「なじみのお店」で働く1人のスタッフに「恋心」が芽生えるワケです。

    その辺のくだりは2番の「毎日来るたびに、何かボクの心は…」のあたりなんですが。
    (自分のことを「ボク」と言ってる主人公は「女性」です)
    「メロンソーダ」では、あえて「恋心」が芽生えた部分しか語っていません。

    この続きはですね、
    団長リバイバル其の弐『Brand-New Love』で語られているのです。
    そう、ライブでは「メロンソーダ」に続く3曲目でした。

    ニコニコ動画の「詳細情報」で、
    「メロンソーダとBrand-New Loveは物語的につながっている」と記したのは、
    このことだったのです。

    是非ともですね、
    「メロンソーダ」→「Brand-New Love」と連続して聴いてみてください。
    何かが見えてくると思いますw

    それではまた♪

    コメント
    コメントする









    わーねばやらねば!
    当ブログでは株式会社アルティが権利を持つ 『ワールド・ネバーランド』シリーズの画像を利用しております。
    該当画像の転載・配布は禁止です。

    (C)althi Inc.
    http://www.althi.co.jp/
                    
    links
    profile
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>
    ククリア王国日記INDEX
    アリオスティ家の生活
    ↓過去記事はこちらから!↓

    ククリア王国日記
    Memory of Ariosti family
    初代:タイタンさん編
    2代目:ガゼールさん編
    3代目:レオーネさん編
    4代目:リゲルさん編
    5代目:アレクスさん編
    6代目:レグルスさん編
    Sponsor

    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM